多様な価値観を持つミレニアルズが
先導する社会を作るために。

Sign Up For HEAPS emails

メールマガジン購読、登録者限定のプレゼント&イベントご招待など特典満載のメルマガ
登録はこちらから。

COUNTER CULTURE

【今週のZINE】レトロ、ポップ、パワフル! 60年代ガール・グループの魅力ぎっしり、クラシカル・イラストレーションジン『Girl Groups of The Sixties』

Oct 28,2016

「THE・60年代」といえば。
スーパーモデル・ツィギーが火付け役となったミニスカート、レトロ柄ワンピース、ファッションだけでなく社会現象そのものだったヒッピーの定番・ベルボトムスにサイケデリック柄、そして気の効いた細身のスーツでベスパにまたがるモッズスタイル。 

若者がさまざまなファッションスタイルで自由にアイデンティティを示しはじめたこの60年代は、アメリカで女性解放運動「ウーマン・リブ」が起き、女性の生き方が多様化してきた時代でもあった。

(Photo by 撮影者)

 パワフルな女性が活躍した時代にファッションと音楽で個性を発揮していた女の子たちといったら、アメリカンポップ黄金期を支えたガール・グループ。
 今回紹介するジン『Girl Groups of The Sixties(ガール・グループ・オブ・ザ・シックスティーズ)』で描かれているような女子たちだ。

「この時代に生きた女性たちの素晴らしいスタイルや音楽を知ってもらいたくて」と語るのは、Bijou Karman(ビジュー・カルマン)。ロサンゼルス在住のイラストレーター、筋金入りの60年代ガール・グループマニア。

 ジンではビジューがグループを厳選、ヒット曲やあまり知られていない名曲、みんなが知らない豆知識を綴る。彼女のイラスト特有の太いタッチで描かれるガール・グループは、THE・60年代にぴったり。

(Photo by 撮影者)

誰もが一度は耳にしたことのある名曲を数多く残す「The Supremes(ザ・スプリームス)」。あのダイアナ・ロスがいたことでも有名

(Photo by 撮影者)

「ウォール・オブ・サウンド」と呼ばれる独特サウンドの生みの親で敏腕プロデューサーPhillip Spector(フィル・スペクター)が手塩にかけた、「The Crysatals(ザ・クリスタルズ)」

(Photo by 撮影者)

みんながみんな揃って美女の4人組グループ「HONEY LTD.(ハニー・リミテッド)」。1枚だけ世に残したアルバムは、現在レア盤となっている

(Photo by 撮影者)

他のガール・グループとは違う不良っぽさとワイルドさを全面に押し出した「The Shangri-las(ザ・シャングリラス)」。思春期の孤独、疎外感、死や憤り、不良などをテーマに歌った。ビジューも、「Bad Bitches(ワルな子たち)!」だからと1番のお気に入り

 現代にも大きなインスピレーションを与える数多くのスタイルが生み出された時代でもあり、女性の社会進出も広がった60年代。あの名曲を聞きながら、時代の転換期に生きた女性の強さと、そしてしなやかさをこのジン片手に感じてみてはいかがだろうか。

▶︎あなたにオススメ関連記事

ハリウッド映画に中指立て続け30年!全米の映画オタクが愛する・伝説のインディー映画ファン・ジン『Film Threat』が帰ってくる!

ビートルズの隣にはいつも“彼”がいた。下積み時代から50年来の親友クラウス・フォアマンが語る。ボーイズとの想い出と、伝説のアルバムジャケット秘話

▶︎▶︎週間トップ人気記事

シナトラとクラプトンが通った店、現役アコーディオン職人(89)。億万稼いだ半世紀、楽器を愛した半生を語る

ツイン車椅子ボーカルの最強アフロパンク「Mbongwana Star」!絶望的な社会から生まれる歓喜の音

—————
All images via Bijou Karman
Text by Shimpei Nakagawa Edited by HEAPS

FOR YOU

EDITOR’S PICKS

HEAPS Magazine - 時代と社会の“決まり文句”にとらわれない。

NY・東京に拠点を置く、カウンター&サブカルチャー専門のマガジン。 世界各地の個人・コミュニティのユニークな取り組み、ムーブメントをいち早く配信中。 世界のマイノリティやミレニアルズの生き様を届けます。

Be inspired! - KNOW / THINK / ACT

クリエイティブなアイデアを発信し「GOOD SOCIETY」を読者と築くマガジン。 世界中で起こる「社会変革のストーリー」を独自の視点で切り取り、「社会の真実を知り」「解決方法を考え」「自ら行動する」キッカケを、メディアやイベントを通して日本のミレニアル世代へ届けます。