多様な価値観を持つミレニアルズが
先導する社会を作るために。

Sign Up For HEAPS emails

メールマガジン購読、登録者限定のプレゼント&イベントご招待など特典満載のメルマガ
登録はこちらから。

COUNTER CULTURE

【今週のZINE】米国シングル女子が暴露する「出会い系アプリのヤバいメッセ」。シュールな赤裸々ジン『OkStupid(オーケー・ストゥーピッド)』

Nov 4,2016

先日友人とバーで飲んでいると、彼女はこう漏らした。「OKCupid、もう退会しようかな。ロクな男いないし。でも続けちゃうのよね」

「OKCupid(オーケー・キューピッド)」はアメリカで人気の出会い系アプリ。右スワイプ・左スワイプでお馴染みの「Tinder(ティンダー)」と人気を二分する、シングルの味方だ。
 出会い系は食わず嫌いな筆者は、「おお、そうなんだ…」としか言えなかったのだが。

(Photo by 撮影者)

 以前、▶︎「『あ〜いるいる、こんな男…』 出会い系のイタいメッセを漫画にしてみた。」で、OKCupidに棲息するアヤしい男たちをまとめた漫画を紹介したが、まだまだいました、懲りない男たち。
 今回紹介するジン『OkStupid(オーケー・ストゥーピッド)』にも、そんなヤツらの言動がポップなイラストで集められている。

(Photo by 撮影者)

「いちストレート女子として、出会い系の経験をシェアしたかったの。ユーモアあり、おバカあり、皮肉あり、ツラさあり、本音ありの1冊にしてね。読者のみんなも共感できると思って」と語るのは、作者でボストン在住イラストレーターのJulia(ジュリア)ちゃん。

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

 誌面からは、ジュリアちゃんに寄せられた出会い系ユーザーたちからのもわわんとした熱気が…。
「I am wating for you dear.(君を待っているよ)」「Come Over.(来ちゃいなよ)」とのド直球なお誘いから、「Sooo I left my blowjob back at your place, can I come get it?(君の家におフ○ラを忘れてきたみたい。いまから取りに行ってもいいかな?)」や「Hey, I can be ur slave lol(ねえぼく、君の奴隷になってもいい笑)」と、よくもそんなこと言えました(拍手)なシュール発言まで。ここまでくるとその潔さに脱帽である。

(Photo by 撮影者)

 やっちまった系メッセージを受け取っても、ズドーンと落ち込まず笑い飛ばしてしまおう。そんなカラッと前向きな気持ちにさせてくれるジンだ。

OkStupid

▶︎あなたにオススメ関連記事

【今週のZINE】レトロ、ポップ、パワフル! 60年代ガール・グループの魅力ぎっしり、クラシカル・イラストレーションジン『Girl Groups of The Sixties』

祖母の声で蘇る、歴史に見落とされた真実。 メキシコ革命と亡命のドキュメンタリー・コミックジン 『Dias de Consuelo』

▶︎▶︎週間トップ人気記事

有名大学生の裏の顔。時間割の合間に差し込むシフトは「セックスワーク」

元駐車場に、タイニーハウスとDIY屋台を持ち込んだら…?インスタントなクラフト・スペースでいつもの街が倍おもしろい

—————
All images via Julia Emiliani
Text by HEAPS

FOR YOU

EDITOR’S PICKS

HEAPS Magazine - 時代と社会の“決まり文句”にとらわれない。

NY・東京に拠点を置く、カウンター&サブカルチャー専門のマガジン。 世界各地の個人・コミュニティのユニークな取り組み、ムーブメントをいち早く配信中。 世界のマイノリティやミレニアルズの生き様を届けます。

Be inspired! - KNOW / THINK / ACT

クリエイティブなアイデアを発信し「GOOD SOCIETY」を読者と築くマガジン。 世界中で起こる「社会変革のストーリー」を独自の視点で切り取り、「社会の真実を知り」「解決方法を考え」「自ら行動する」キッカケを、メディアやイベントを通して日本のミレニアル世代へ届けます。