多様な価値観を持つミレニアルズが
先導する社会を作るために。

Sign Up For HEAPS emails

メールマガジン購読、登録者限定のプレゼント&イベントご招待など特典満載のメルマガ
登録はこちらから。

HACK IDEA

【学校なんて必要ない?】「世界一の教育」は無料で受けられる!

Jan 14,2015

9歳で学校を自主退学。13歳でインターン。教育界に革命を起こす少年の名は、ローガン・ラプラントくん。

個人の「幸せ」を生み出すためではなく、「”社会で働くことができる人間”を育てる」

そんな「個人を尊重しない」現在の教育システムに嫌気が差した少年は、学校を9歳で退学。自らの教育システム「ハック・スクーリング(hack-schooling)」を生み出しました。(参照元:Collective Evolution

現在の教育は「子供のクリエイティビティーを殺している」

 ローガンくんが編み出した「ハック・スクーリング」は、私たちがイメージする「学校教育」とはまるで異なります。「ハック・スクーリング」では、カリキュラムが一切存在しません。自分に必要な科目を自らで選択し、カリキュラムを組み、学んだことを即社会で実践してみる。そんな「“個”を尊重する教育」がハック・スクーリングなのだそうです。

 彼のTED Talkを見れば、このハック・スクーリングが効果的な学習方法であることは明らかでしょう。立ち振る舞い、思考力、プレゼンテーションスキル。全てにおいて中堅社会人、いやそれ以上のレベルです。

※動画が見られない方はこちら

 現在のアメリカでは、彼のように「子供のクリエイティビティーを奪う学校」を離れ、ホームスクーリング(自宅学習)を選択する子供が増えているようです。そして、そんなローガンくんのような「勉強方法を自分で作り出す世代」を後押しするように、「世界最高峰の教育を無料で受講できる方法」がたくさん誕生しています。

賢くなる為にお金は不要。世界一の教育は無料で受ける時代

■Khan Academy(カーン・アカデミー)
「ワールドクラスの教育を、世界中の誰にでも無料で提供する」非営利団体、Khan Academy

■Codeacademy(コード・アカデミー)
アメリカでは非エンジニアがこぞって利用する大人気サービス、Codecademy。プログラミング言語の基本を無料で学べるこの画期的サービスは、政治学科に在籍していた大学生によって作られた!

■edX(エド・エックス)
世界有数の名門大学、MITとハーバード大学の共同事業として始まったオンライン教育プラットフォーム、edEx。3校目として、カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)が加わっている。

■TED Ed(テッド・エド)
TED Talkから誕生したオンライン教育システム、TED Ed。親しみやすくわかりやすいアニメ風の動画が多く、誰もが楽しみながら学ぶことができるサービスになっている。

学校教育に価値はあるのか?

 一流の大学。世界的に有名なクリエイターやエンジニア。世界の第一線で活躍する人々が、オンライン上で「先生」として登場するようになった現代。教室に座った生徒たちが、「たった一人の先生から授業を受ける時代」は終わったのかもしれません。

 これからは、「”個人”が自分にぴったりの学習方法を選択する時代」そんな方法が一般化していくのかもしれません。

 子供たち一人一人には、それぞれ最適な学習方法があるそうです。イギリスの小学校低学年では、視覚・聴覚・体を使った様々なアプローチの学習方法を試すことで、子供一人一人に最適な教育法を見極めるそうですが、日本はどうでしょうか?

 成績が伸びないと、塾に入れられ、学習時間だけが増えていく・・・。そんな子供も多いのではないでしょうか?一人一人の能力を最大限に引き出すためには、
一方的に教育を押し付けるのではなく、個性を重んじる必要がありそうです。「個性を重んじる教育」のために、「学校をやめてオンライン教育に切り替える」。そんな選択肢もあるのではないでしょうか?

—————
Text by Yuka Takahashi
ーBe inspired!

FOR YOU

EDITOR’S PICKS

HEAPS Magazine - 時代と社会の“決まり文句”にとらわれない。

NY・東京に拠点を置く、カウンター&サブカルチャー専門のマガジン。 世界各地の個人・コミュニティのユニークな取り組み、ムーブメントをいち早く配信中。 世界のマイノリティやミレニアルズの生き様を届けます。

Be inspired! - KNOW / THINK / ACT

クリエイティブなアイデアを発信し「GOOD SOCIETY」を読者と築くマガジン。 世界中で起こる「社会変革のストーリー」を独自の視点で切り取り、「社会の真実を知り」「解決方法を考え」「自ら行動する」キッカケを、メディアやイベントを通して日本のミレニアル世代へ届けます。