多様な価値観を持つミレニアルズが
先導する社会を作るために。

Sign Up For HEAPS emails

メールマガジン購読、登録者限定のプレゼント&イベントご招待など特典満載のメルマガ
登録はこちらから。

CREATE

NYC最大のコーヒーフェスをレポート。カフェイン中毒の街で次に来るのは何だ?

Oct 25,2016

地球上で、もっともカフェイン中毒な街(だと思われる)ニューヨーク。その街最大のコーヒーフェスティバル「The New York Coffee Festival」に行ってきた。

(Photo by 撮影者)

 平たく言うとコーヒーのトレードショーで、ロンドンやアムステルダムでも開催されておりニューヨークは今年で第2回目。9月16日から18日の3日間の開催期間中には、約1万2000人以上が詰めかけた。
「サードウェーブ」と称される新しいコーヒー文化をリードする若手のショップだけではなく、伝統的なコーヒー機器メーカーやロースターなどが、新旧問わずブースを並べる同イベンド。コーヒー界の「いま」を体感できることはもちろん、スペシャリティコーヒーを無制限にテイスティングできることもあってか、カラダが終始震えっぱなしだった。

(Photo by 撮影者)
こんなのも。これもコーヒー淹れてます。

(Photo by 撮影者)
Photo from Becky Kovach (Big Picture Media)

期間中は、バリスタの腕を競うコンテストをはじめ、様々なミニ・イベントも開催された。自宅でおいしいコーヒーを淹れる方法を伝授するワークショップやラテ・アートを学べるもの、また「コーヒーがあるところには、やっぱりアートや音楽があるよね」ということで、展示スペースやショーケースもあり、なんだか盛りだくさん。
 とはいえ、出展者、参加者一同の最大の関心は「次は何がくるか」だったのではないかと思う。

「職人芸コーヒー文化」の次は?

「オーガニック」で「エコ」で「サステイナブル」で「フェアトレード」。そこらへんは網羅されていて”当たり前”なのがいまのコーヒー文化。これだけでも素晴らしいのに、さらにコーヒー豆の品質がカップクオリティ、トレーサビリティとまできて、「まだこれ以上、目指す高みがあるのか?」というところまで到達している感がある。
 
 そんな中、今回、参加者たちに最も「アハ体験」を提供していたのは、安定した抽出が可能な「高性能の美しきマシン」たち。湯音の設定のみならず、蒸らし時間からお湯のかけ方などプロと同じようにコーヒーを抽出できる。価格も大きさもスペックも突き抜けたモノから、家庭用のモノまでさまざま。
 サードウェーブで崇められた職人芸的な部分を見事に「オートメーション化」。難しいことをせずにシンプルに美味しいコーヒーを淹れようではないか、という勢いを最新テクノロジーが下支えする。

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

ここで、参加したHEAPS編集部員のピック。

★レモンとコーヒーの相性は?Tom’s Lemon Coffee(トムズ・レモン・コーヒー)

ブルックリン発の炭酸レモネードとコーヒーをカップリングさせたシュワシュワ系ドリンク。

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)
この二人がシティ内を自転車で徘徊しながら販売中。

★コーヒーとお茶の掛け合わせ。TeaCoffee「NAGI」

 日本からも!京都より、最高級宇治茶とコーヒーをブレンドした「和コーヒー」。ありそうでなかった「TeaCoffee」という新ジャンル。

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

★ローストしない!Green Coffee(グリーン・コーヒー)

ニューヨーク発のローストしてないグリーンコーヒービバレッジ。
最高級のオーガニックコーヒー豆をローストせずにそのままドリンクにした、苦くないコーヒー。

(Photo by 撮影者)

他でもちらほら、このローストしない豆が見られた。

(Photo by 撮影者)

★コーヒーの果実で作る。Devocion(デボーション)のコーヒーチェリー・ショット

(Photo by 撮影者)

 コロンビアから直輸入しているフレッシュなコーヒー豆でコアなファンを掴んでいる同店、本イベントでは、栄養満点のコーヒーの果実(コーヒーチェリー)のショットを提供。

 消費するだけで社会貢献につながるサードウェーブコーヒー。さまざまなブランドやアイテムが市場に出回る昨今、選ぶ基準は「個人のポリシー」なのかもしれない。革新的な機械で手軽に素早く美味しいコーヒーを飲むもよし、お洒落なアイテムでゆっくり手淹れする時間を楽しむもよし、貪欲に環境への配慮と健康にこだわるもよし。多様性を愛でながら、コーヒーの世界はさらに奥深いものへと進化しているようだ。

(Photo by 撮影者)

▶︎コーヒー好きにオススメ記事

コーヒー飲み放題はじめました。月額制コーヒースタンド「coffee mafia」(朝ごはんに生ハムTKGもあります)

“カフェ好き”ではなく「コーヒー好き」のために。 スタンド式の「コーヒー・バー」が楽で安くて旨くて、すごくイイ。

FOR YOU

EDITOR’S PICKS

HEAPS Magazine - 時代と社会の“決まり文句”にとらわれない。

NY・東京に拠点を置く、カウンター&サブカルチャー専門のマガジン。 世界各地の個人・コミュニティのユニークな取り組み、ムーブメントをいち早く配信中。 世界のマイノリティやミレニアルズの生き様を届けます。

Be inspired! - KNOW / THINK / ACT

クリエイティブなアイデアを発信し「GOOD SOCIETY」を読者と築くマガジン。 世界中で起こる「社会変革のストーリー」を独自の視点で切り取り、「社会の真実を知り」「解決方法を考え」「自ら行動する」キッカケを、メディアやイベントを通して日本のミレニアル世代へ届けます。