多様な価値観を持つミレニアルズが
先導する社会を作るために。

Sign Up For HEAPS emails

メールマガジン購読、登録者限定のプレゼント&イベントご招待など特典満載のメルマガ
登録はこちらから。

MOVEMENT

SNSで繋がる世界各地の「イスラム×クィア」。祖国と世界から疎まれたダブルマイノリティの反撃

Aug 10,2016

自分のアイデンティティに罪悪感を覚えていた。
ある晩クラブでみんなから袋叩きにされた。
もうこれ以上は居られないと、祖国から永遠に去る決意をした。

これらはみな、イスラム教徒でセクシャルマイノリティである「クィアムスリム」たちの言葉だ。

(Photo by 撮影者)

「イスラム教徒」と「クィア」というふたつのアイデンティティを背負うダブルマイノリティ、クィアムスリムたち。

 一番重い処罰は「死刑」、そしてむち打ちの刑。性的マイノリティが犯罪行為になるイスラム社会では、彼らへの風当たりは弱まることを知らず、いまもなお非道な処罰が下されているのが現状だ。
 そこから逃れようと自由を求めて祖国から出た彼らを次に待ち構えているのは、社会からの強い偏見だ。イスラム教徒=テロリストだと、「イスラモフォビア(イスラム恐怖症)」な世間から色眼鏡で見られる。

(Photo by 撮影者)

 イスラム社会の中でのクィアに対する憎悪と、世界からのイスラム教徒に対する偏見の間で肩身の狭い思いをし、世間の目から隠れるように暮らしてきたクィアムスリムたち。いま、自らに課せられてきたステレオタイプを打ち砕こうと、居場所を作り出そうと、若い世代がオンライン上で着々と動き出している。

クィアムスリムの過酷なライフストーリー

(Photo by 撮影者)

マリ(アフリカの国)出身、ベルギー・ブリュッセル在住のRaissa(ライサ)。
「私がトランスジェンダーだということを幼少期から知っていた両親は、
いつもその事実をひた隠しにしていた。
来客が来ても、私は彼らの前に出してもらえない、そんな幼少期だった。
やがて大人になり性転換期にあったある晩、
クラブで20人を超える人に突然袋叩きにされた。
理由はただ一つ。私がトランスジェンダーだったから。
命からがら逃げてきたわ。もうマリにはこれ以上いられないと、ベルギーに渡った」

(Photo by 撮影者)

イラン出身、トルコ・イスタンブール在住のShay(シェイ)。
「イスラム教でありながら同性愛者でもある僕。
ホモフォビック(同性愛者に対する偏見のある)なイランでは、学校でずっといじめに遭い、
いつも自分のアイデンティティを隠してきた。
もう耐えられないと、ある日祖国を永遠に去ることにした。
イランに住んでいたころ、僕のデーティングアプリのアカウントに一つのメッセージが届いた。
『ゲイであることをやめろ』、と。
居場所だけでなく、誰かに会う小さなチャンスさえ奪われたんだ」

(Photo by 撮影者)

パリ出身のChristelle(クリステル)。
「キリスト教徒とイスラム教徒の両親のもとで育ったわ。
イスラム教を嫌悪する親族もいたから、
いとこは私たちの家にお泊りすらできなかったの」

 世間や家族から虐げられてきたクィアムスリムたちが自分たちのライフストーリーを包み隠さず赤裸々に語ったページがソーシャルメディアのTumblr(タンブラー)にある。
『Just Me and Allah: A Queer Muslim Photo Project(ジャスト・ミー・アンド・アラー:ア・クィア・ムスリム・フォト・プロジェクト)』、自身もクィアムスリムとして生きるSamra Habib(サムラ・ハビブ)によるフォトプロジェクトだ。

(Photo by 撮影者)
Samra Habib(サムラ・ハビブ)

「クィアムスリムの人々に互いの存在を知ってもらうことのできる場所を作りたかった。イスラム教徒といえば“テロリスト”や“抑圧される女性”といったイメージを持たれる社会で、イスラム教徒としてそしてクィアとしても生きる人々の存在を世界に人に知ってもらいたい」

 そんな意志のもとカナダ・トロント在住の彼女が作ったのは、これまで居場所のなかったクィアムスリムたちにとってのオンライン上のプラットフォームであり、彼らのアイデンティティを世の中に開示する初めての場だ。

(Photo by 撮影者)

 
 イスラム国家のパキスタンで生まれたサムラ。宗教過激派の攻撃により家族が殺されるような状況下にあったため、10歳の時に難民として家族とともにカナダに亡命する。
 現在はジャーナリストとして活動している彼女が、地元トロントのみならずパリ、ベルリン、ブリュッセル、ブルックリン、イスタンブールなど世界各国に点在するクィアムスリムたちのもとへ自分の足で赴き、彼らの姿を写真に収めインタビューとともにライフストーリーを伝えることは至極当然な流れだったという。

「“お前らはムスリムにはなれない”って非難されてきた。私たちがクィアだから。プロジェクトタイトルの『Just Me and Allah』は、“誰がなんと言おうと私はムスリムとして、そしてクィアとして生きていくんだ”というクィアムスリムたちの決意を込めたものなの」

(Photo by 撮影者)

 

若きクィアムスリムたちの居場所はSNS

「多くのクィアムスリムたちにとって自分がクィアであるということをカミングアウトすることは危険なこと。クィアである以上、イスラム国家においてその身は法的に何も守られていないから」

 クィアであることは信仰に背くこと。社会からの厳しい排除を避け自身の性に嘘をつき“ムスリム”として生きていくのか、それとも神に嘘をつき“クィア”として生きていくのかの二択を迫られる。
 親世代のクィアムスリムは、社会に隠れるようにして生きる同胞の存在知ることすら困難だったという。

(Photo by 撮影者)

 そこに一筋の光を差し込んだのがソーシャルメディアだ。デジタルネイティブ世代のいまの若きクィアムスリムには、タンブラーやインスタグラム、フェイスブックなど自分のアイデンティティを表現できる場がサイバー上にある。
 逆境の中にあっても自らのアイデンティティを確立し強かに逞しく生きる同胞の姿に感化され、世界のクィアムスリムたちはサイバー上で対話し「居心地の良い自分たちの場」を自発的に作り出していくのだ。

「このプロジェクトに参加したクィアムスリムたちはタンブラー・キッズ。みんなが簡単にアクセスできるからね。そしてこれを踏み台に、世界のクィアムスリムたちは各々でコミュニケーションの輪を広げていくの」

(Photo by 撮影者)

 これまでこのプロジェクトがマスメディアによってセンセーショナルに扱われることを敬遠していた、というサムラ。
 だが自分がクィアムスリムコミュニティの代弁者であると自覚するとともに心境にも変化が生まれ、いまではコミュニティの未来のために先頭に立ち世界中にクィアムスリムの“声”を届けている。
 
「厳格な宗教社会」と「セクシャルマイノリティ」という二つの板挟みの中でも屈することなく強かに生き抜いてきたクィアムスリムたち。その存在すら知られないことがほとんどだった彼らだが、いま若い世代が世界に向けソーシャルメディア上で自分たちの存在をようやく提示するようになった。

 世界中にいる同胞とサイバー上で互いに刺激し合い、独自のコミュニティを形成していく。世界が持つ「イスラム教徒」に対する偏見とイスラム社会が持つ「クィア」に対する認識をこれから変えていくのは、デジタルネイティブ世代の若きクィアムスリムたちだ。

***
Just Me and Allah: A Queer Muslim Photo Project

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

(Photo by 撮影者)

▶︎あなたにオススメ関連記事

「モデルは肌を見せきゃいけないなんて、誰が決めたの?」。慎ましく最先端で表現する。世界初、“モデスト・モデルエージェンシー”、UNDERWRAPS AGENCY

侮辱を浴びせられた、愛し合う人々の「カップルポートレイト」

▶︎▶︎週間トップ人気記事

二人目「ダメだったら地元に帰ればいいや」【連載】日本のゆとりが訊く。 アメリカの新生態系ミレニアルズは「青二才」のあれこれ。

#002「孤立した島の精神病院は、墓場だった」—【連載】「超悪いヤツしかいない」。米国・極悪人刑務所の精神科医は日本人、大山せんせい。

—————–
All photos by Samra Habib
Text by HEAPS, editorial assistant: Shimpei Nakagawa

FOR YOU

EDITOR’S PICKS

HEAPS Magazine - 時代と社会の“決まり文句”にとらわれない。

NY・東京に拠点を置く、カウンター&サブカルチャー専門のマガジン。 世界各地の個人・コミュニティのユニークな取り組み、ムーブメントをいち早く配信中。 世界のマイノリティやミレニアルズの生き様を届けます。

Be inspired! - KNOW / THINK / ACT

クリエイティブなアイデアを発信し「GOOD SOCIETY」を読者と築くマガジン。 世界中で起こる「社会変革のストーリー」を独自の視点で切り取り、「社会の真実を知り」「解決方法を考え」「自ら行動する」キッカケを、メディアやイベントを通して日本のミレニアル世代へ届けます。