多様な価値観を持つミレニアルズが
先導する社会を作るために。

Sign Up For HEAPS emails

メールマガジン購読、登録者限定のプレゼント&イベントご招待など特典満載のメルマガ
登録はこちらから。

IDENTITY

全世界に拡大中?女性が「乳首」をSNS上にアップする運動『FREE THE NIPPLE(フリーザニップル)』。

Oct 10,2015

マドンナ、ナオミ・キャンベル、マイリーサイラス、リアーナ、カーラ・デルヴィーニュ。世界の錚々たるセレブや、トップモデルが関わっている「とある運動」が存在する。その運動とは、インスタグラムやツイッターなどのSNS上に「彼女たちの“アソコ”の画像を投稿する」というものなのだとか?それは「乳首」だ。

(Photo by PEXELS)

(Photo by PEXELS)


「なぜお尻はいいのに、胸は見せてはいけないの?」とマドンナは発言し、モデルのナオミ・キャンベルはトップレスの写真をInstagram、Twitterに投稿。この運動を支持する彼らの合言葉。それは乳首を開放せよ!(FREE THE NIPPLE)だ。

アイスランド発「乳首解放運動」とは?

 今年の3月、アイスランドの女子学生が自分のトップレス(上裸)のセルフィー写真をFacebookにポストした。彼女たちの写真はFacebookの規定によって削除されたが、#freeethenippleというハッシュタグがSNS上で話題になったことで「FREE THE NIPPLE」という解放運動が世界中に拡散された。(参照元:The Independent彼女たちの言い分は、男性はSNS上や公共の場で胸を見せることが普通とされているのに、なぜ女性の胸は禁止され、タブーなのか。そんな男女間の不平等さに疑問を覚え、今回の行動に移ったそうだ。

男性はOK。女性はNO。なんで?

 SNS上で、男性の上裸はよく見るのに、女性の乳首が出た写真はすぐに削除されてしまう。なぜ?と今まで疑わなかった人が多いかもしれないが、そう言われてみれば「男女不平等」ではないだろうか?このアイスランドで始まった「FREE THE NIPPLE」という乳首開放運動は、インターネット上だけで盛んに起こっているのではなく、ハリウッドや、ニューヨークなどのアメリカの都市を筆頭に全米、そして全世界で行われているのだ。2007年に設立され、女性がトップレスになる権利の拡大を求めて活動を続けてきた乳首開放団体「GoTopless運動」の創設者であるナディーンさんはこの問題に対しこう述べている。

「乳首解放運動は単なる乳首の話ではなく、女性が男性と同じ権利を持つという話であるということ。また、活動を始めた8年前と比較すると、少しずつですが社会は大きく変わってきています。」

(引用元:wotopi

セレブも、学生も反抗する「男女の乳首」の不平等性。

 アイスランドのたった数名の女子学生が始めた小さな活動『FREE THE NIPPLE』。この活動に賛同する女性はアメリカ・シカゴにも存在。彼女はTHE TATA TOPという胸の絵が描かれた水着を販売しており、デザインのユーモアさを利用し、トップレスが禁止されているビーチでも、女性はトップレスになる権利があるということを主張、そして、女性の胸の写真が禁止されているFacebookやInstagramに対しての反抗しているのだ。

(引用元: TheTaTaTop.com)

 また、この運動に積極的に関わっているセレブの一人にブルース・ウィリスとデミ・ムーアの娘のスカウト・ウィリスがいる。彼女はこの問題に対しこう述べている。

 「1930年代には男性も恥ずべきものとしてタブー視されており、公の場で見せた場合には、逮捕された人もいました。その後、男性にいたっては乳首を見せることは社会に受け入れられましたが、80年も経ってなお、女性にとっては隠すべきものになっています」

(引用元:xoJane

※動画が見られない方はこちら

 スカウト・ウィリスや、冒頭で述べたように多くのセレブが関わり、昨年には映画化もされ、今では世界的に有名な解放活動に成長した「FREE THE NIPPLE」(参照元:FREE THE NIPPLE)。この運動がキッカケとなり、数年後、数十年後には、「男女平等に暮らせるし社会」が実現されていることを願いたい。

—————
Text by Jun Hirayama
ーBe inspired!

FOR YOU

EDITOR’S PICKS

HEAPS Magazine - 時代と社会の“決まり文句”にとらわれない。

NY・東京に拠点を置く、カウンター&サブカルチャー専門のマガジン。 世界各地の個人・コミュニティのユニークな取り組み、ムーブメントをいち早く配信中。 世界のマイノリティやミレニアルズの生き様を届けます。

Be inspired! - KNOW / THINK / ACT

クリエイティブなアイデアを発信し「GOOD SOCIETY」を読者と築くマガジン。 世界中で起こる「社会変革のストーリー」を独自の視点で切り取り、「社会の真実を知り」「解決方法を考え」「自ら行動する」キッカケを、メディアやイベントを通して日本のミレニアル世代へ届けます。