多様な価値観を持つミレニアルズが
先導する社会を作るために。

Sign Up For HEAPS emails

メールマガジン購読、登録者限定のプレゼント&イベントご招待など特典満載のメルマガ
登録はこちらから。

COUNTER CULTURE

グラフィティアーティストの大事な「Black book」ってなーんだ? 今週は、グラフィティ・スラング/ Urban English

Nov 2,2016

ライターのアイデア詰まった「Black book(ブラックブック)」。
今週はグラフィティに関するスラングを4選。

第1問
Black book (ブラックブック)

1. グラフィティ写真集
2. 警察のブラックリスト
3. ライターのスケッチブック

正解は、3「ライターのスケッチブック」

I’ve got a chance to see Basquiat’s black book.
バスキアのスケッチブック見る機会があったんだ。

第2問
down (ダウン)

1. スプレー缶を切らすこと
2. 誰かと共に行動すること
3. 逮捕されること

正解は、2「誰かと共に行動すること」

He is down with our crew.
ヤツは俺らについてくるってよ。

第3問
Buffed (バフド)

1. (グラフティを)消されること
2. 下手なタギング
3. ステッカーを貼ること

正解は、1 「(グラフティを)消されること」

The cleaning came last night and our graffiti was totally buffed.
昨晩清掃が来て、俺らのグラフィティが消されちまった。

第4問
Bite (バイト)

1. 合法なグラフィティ
2. 盗作すること
3. 上塗りすること

正解は、2「 盗作すること」

One of the most lame things for graffiti artists to do is to bite.
グラフィティアーティストにとって一番かっこ悪い行為は、他人のアイデアを盗作することだ。

FOR YOU

EDITOR’S PICKS

HEAPS Magazine - 時代と社会の“決まり文句”にとらわれない。

NY・東京に拠点を置く、カウンター&サブカルチャー専門のマガジン。 世界各地の個人・コミュニティのユニークな取り組み、ムーブメントをいち早く配信中。 世界のマイノリティやミレニアルズの生き様を届けます。

Be inspired! - KNOW / THINK / ACT

クリエイティブなアイデアを発信し「GOOD SOCIETY」を読者と築くマガジン。 世界中で起こる「社会変革のストーリー」を独自の視点で切り取り、「社会の真実を知り」「解決方法を考え」「自ら行動する」キッカケを、メディアやイベントを通して日本のミレニアル世代へ届けます。